line4.jpg

ラグビー

栗原 徹 Toru Kurihara

元ラグビー日本代表

1978年8月12日生まれ
茨城県出身/元ラグビー日本代表WTB、FB
清真学園高~慶應義塾大学~サントリー(2001-2007)
~NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(2008-2013)
清真学園中学でラグビーを始め、清真学園高では全国高校選手権ベスト16。
慶應義塾大学進学後、3年時に学生日本一に輝いた。
00年のパシフィックリム選手権のフィジー戦で日本代表初キャップを獲得。
2001年にサントリーに入社、1年目から活躍し、全国社会人大会、全日本選手権などの優勝に貢献した。
緩急をおりまぜた華麗なステップと正確なプレースキックで得点を量産し、
2002年のワールドカップアジア最終予選・台湾戦では、世界記録となる1試合60得点を挙げた。
03年のワールドカップにも出場するなど、代表キャップ27を誇る。

栗原徹オフィシャルブログ http://ameblo.jp/toru-kurihara/

栗原徹

「相手を抜き、相手に抜かれないコツ」

  • 「どうして止められないんだろう?」
  • 栗原選手がスルスルと相手ディフェンスをかわしていくシーンを見ると、誰もが不思議に思います。
  • 栗原選手が、その秘密を教えてくれます。
  • 相手を抜き、相手に抜かれないための身体の使い方やポジショニングを学んでください。
  • また、アンブレラディフェンスでの動きのコツも解説してくれます。
  • これを見て、自分のプレーに活かしてください。

①相手を抜くステップ Part1
②相手を抜くステップ Part2
③タックルに入るまでのアプローチ
④ボールをもらうポジショニング
⑤タックルを上手にかわすコツ
⑥アンブレラディフェンス




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。

「伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ」

  • 体操競技のバルセロナ五輪銅メダリスト・畠田さんが、伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツを教えてくれます。
  • それぞれ、どのタイミングで、どう手や脚を使えばよいのかをわかりやすく解説してくれます。
  • また、側転ができるようになる段階的な練習方法や、後転がうまくできるようになる感覚のつかみ方など、苦手を克服するためのヒントがいっぱいです。
  • 畠田さんのコツを学んで、少しずつ上達しましょう。
  • また、補助の仕方も教えてくれますので、指導される方も参考にしてください。

①伸膝前転のコツ
②開脚前転のコツ
③側転のコツ
④側転のコツ(側転が全くできない人のための練習方法)
⑤後転のコツ
⑥後転のコツ(後ろに押す感覚をつかむ)
⑦後転のコツ(後転の補助の仕方)




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。

「ハンドスプリングのコツ」

  • バルセロナ五輪の体操競技で銅メダルに輝いた畠田さんが、ハンドスプリングで
  • 上手に回転するコツを教えてくれます。
  • ポイントとなる「顔と床の距離」と「手を下げる、脚を上げるタイミング」を、良い例と悪い例を実践しながら、わかりやすく解説してくれます。
  • また、ハンドスプリングをまったくやったことが無い人が、できるようになる練習方法も紹介してくれます。
  • 畠田さんのコツを学び、実践してみてください。
  • また、補助の仕方も教えてくれますので、指導される方も参考にしてください。

①はじめに
②手と脚のタイミング
③上手に回転する
④実践編
⑤ハンドスプリングをやったことがない人のための練習方法
⑥補助の仕方




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。



メンタルトレーナー高畑好秀プロデュース