line4.jpg

HOME > スポーツ魂テンツ動画選手一覧 > 動画「石川直生」

キックボクシング

石川 直生 Naoki Ishikawa

K-1ファイター

1979年4月18日生まれ/東京都出身1999年プロデビュー。全日本キックボクシング時代にはスーパーフェザー級王者に君臨。IKUSAU-60kg トーナメントや全日本U-60kg トーナメントでも輝かしい結果を残し、 2009年に行われたKrush U-60kgトーナメントでは準決勝でKO勝ちしたが、瞼上をカットしていたためドクターストップとなり、涙を飲んだ。2010年5月にK−1デビュー。K-1WORLD MAX 2010(-63kg Japan Tournament 1stRound)でデビュー戦を白星で飾り、同年7月に行われたK-1 WORLD MAX 2010 (-63kg Japan TournamentFINAL)の準々決勝に進出した。2011年までの戦績は55試合33勝18敗4分け。

石川直生オフィシャルブログ http://ameblo.jp/naokick-blog/

石川直生

「キックボクシングのコツ」

  • 全日本キックボクシング連盟第2代スーパーフェザー級王者・石川直生選手が、キックボクシングの練習や試合で意識すべき身体の使い方を教えてくれます。パンチ、膝蹴り、キックなどの動作をする時、身体のどの部分に力が入っていればよいのか?
  • また、その時に特に下半身はどう使えばいいのか?スタミナ切れをおこさないためには、どんな構えをすればいいのか?石川選手がていねいにアドバイスしてくれます。ぜひコツを身に付け、身体の使い方を覚えてください。

① パンチを打つ時の土台
② キックの時の膝の向き
③ 身体が固くても蹴れるハイキック
④ 死角の作り方
⑤ スタミナの切れない構え方
⑥ 足の裏、ありがとう




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。



メンタルトレーナー高畑好秀プロデュース