line4.jpg

野球

初芝 清 Kiyoshi Hatsushiba

元千葉ロッテマリーンズ「ミスターマリーンズ」

1967年2月26日生まれ/東京都出身
内野手/右投げ右打ち
二松学舎大付属高~東芝府中~ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ(1986-2005)
現・セガサミー硬式野球部監督、ニッポン放送解説者
1989年ドラフト4位でロッテに入団。主に三塁手、一塁手として活躍。
1995年には打点王のタイトルを獲得、同時にベストナインも受賞した。
晩年は代打の切り札として球場を沸かせ、2003年には代打7打席連続安打のプロ野球記録を樹立した。
ロッテ一筋17年のプロ生活で1732試合に出場
1525安打232本塁打879打点、打率.265
「ミスターマリーンズ」としてファンに愛された。
2013年12月1日よりセガサミー硬式野球部監督に就任する。

初芝清

「ボールの待ち方」

  • バッティングフォームを固めるのは大事です。
  • でもフォームは相手投手の球速や球種、コースによって変わります。
  • だから、フォームを固めることよりもボールの待ち方の方が、より大事なのです。
  • 「現在の野球では変化球が多いので、一つの球種に絞るのは難しい。
  • だからコースを絞って待つほうが良い」という初芝さんが、それぞれのコースのボールの待ち方を教えてくれます。
  • フォームよりもまず、ボールの待ち方。そのコツを学べば、あなたのバッティングが変わるはずです。

①コースに対する意識の比重
②アウトコースを待つ(身体の入れ方)
③アウトコースを待つ(バットの位置を知る)
④アウトコースを待つ(胸を残してスイングする)
⑤アウトコースを待つ(インコースへの対応)
⑥アウトコースを待つ(踏み込むとは?)
⑦インコースを待つ(ステップ)
⑧インコースを待つ(アウトコースへの対応)




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。



メンタルトレーナー高畑好秀プロデュース