line4.jpg

HOME > スポーツ魂テンツ動画選手一覧 > 動画「畠田好章」

体操

畠田 好章 Yoshiaki Hatakeda

バルセロナ五輪銅メダル、アトランタ五輪出場

1972年5月12日生まれ
徳島県出身/元体操競技日本代表
鳴門高~日本体育大学~日本体育大学大学院
現・日本体育大学女子短期大学部体育科准教授
高校時代、インターハイの個人総合で89年、90年と2連覇を果たす。
全日本選手権では、93年、95年に個人総合優勝。
92年バルセロナ五輪の体操競技団体で銅メダルを獲得。
95年世界体操選手権で個人総合6位入賞、種目別あん馬2位、鉄棒2位。
96年アトランタ五輪個人総合15位。種目別あん馬5位

畠田好章

「倒立、倒立前転のコツ」

  • 体操競技のバルセロナ五輪銅メダリスト・畠田さんが、倒立のコツを教えてくれます。
  • 倒立ができない人や苦手な人のために、少しずつできるようになる練習方法も教えてくれますので、試してみてください。
  • また、倒立前転でうまく回るにはどうすればよいかも教えてくれます。
  • これを見て少しずつでもできるようになって、もっともっと体操競技を好きになってください。

①倒立のコツ
②倒立のコツ(倒立ができない人のための練習方法)
③倒立前転のコツ




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。

「伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツ」

  • 体操競技のバルセロナ五輪銅メダリスト・畠田さんが、伸膝前転、開脚前転、側転、後転のコツを教えてくれます。
  • それぞれ、どのタイミングで、どう手や脚を使えばよいのかをわかりやすく解説してくれます。
  • また、側転ができるようになる段階的な練習方法や、後転がうまくできるようになる感覚のつかみ方など、苦手を克服するためのヒントがいっぱいです。
  • 畠田さんのコツを学んで、少しずつ上達しましょう。
  • また、補助の仕方も教えてくれますので、指導される方も参考にしてください。

①伸膝前転のコツ
②開脚前転のコツ
③側転のコツ
④側転のコツ(側転が全くできない人のための練習方法)
⑤後転のコツ
⑥後転のコツ(後ろに押す感覚をつかむ)
⑦後転のコツ(後転の補助の仕方)




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。

「ハンドスプリングのコツ」

  • バルセロナ五輪の体操競技で銅メダルに輝いた畠田さんが、ハンドスプリングで
  • 上手に回転するコツを教えてくれます。
  • ポイントとなる「顔と床の距離」と「手を下げる、脚を上げるタイミング」を、良い例と悪い例を実践しながら、わかりやすく解説してくれます。
  • また、ハンドスプリングをまったくやったことが無い人が、できるようになる練習方法も紹介してくれます。
  • 畠田さんのコツを学び、実践してみてください。
  • また、補助の仕方も教えてくれますので、指導される方も参考にしてください。

①はじめに
②手と脚のタイミング
③上手に回転する
④実践編
⑤ハンドスプリングをやったことがない人のための練習方法
⑥補助の仕方




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。



メンタルトレーナー高畑好秀プロデュース