line4.jpg

HOME > スポーツ魂テンツ動画選手一覧 > 動画「柱谷哲二」

サッカー

柱谷 哲二 Tetsuji Hashiratani

元サッカー日本代表主将

1964年7月15日生まれ/京都府出身
京都商業高(現・京都学園高)~国士舘大学~日産自動車《現横浜F・マリノス》(1987-1992)~ヴェルディ川崎《現・東京ヴェルディ1969》(1992-1998)
2011年シーズンより、水戸ホーリーホック監督に就任。
京都商業高3年時に全国高校サッカー選手権出場を果たし、国士舘大学に進学。卒業後は日産自動車サッカー部(現・横浜F・マリノス)に所属し、守備的ミッドフィルダー、ディフェンダーとしてプレー。
92年(Jリーグ開幕前年)にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)へ移籍し、「闘将」としてヴェルディのJリーグ2連覇に貢献。98年シーズン終了後に現役を引退。日本代表には88年に初選出され、デビュー戦となったUAE戦では初ゴールを決めた。また日本サッカーにおいて忘れられない出来事のひとつである「ドーハの悲劇」の時の主将。

<主な戦績、受賞歴>
チームタイトル:天皇杯優勝(88、89、91年) アジアカップウィナーズカップ優勝(91年)
個人タイトル:Jリーグ ベストイレブン(93、94、95年) Jリーグ 功労選手賞(99年)
日本代表歴、タイトル:国際Aマッチ 72試合 6得点(88~95年)、AFCアジアカップ優勝(92年) キング・ファハド・カップ優勝(95年)

柱谷哲二

「強くて正確なパスのコツ」

  • 日本サッカー界の課題の一つに、「パスが弱い」ことがあげられます。
  • 強くて正確なパスを出すには、どう蹴ればよいのでしょうか。
  • 「闘将」柱谷哲二さんが、そのコツを教えてくれます。
  • サイドキックやヘディング、またポストプレーで楔のボールを落とすとき、
  • どうすれば狙ったところに強いボールを出せるのか?
  • 柱谷さんのコツを学んで、強くて正確なパスを追究してください。

①サイドキックのコツ(面の作り方)
②サイドキックのコツ(強く蹴るために角度をつける)
③サイドキックのコツ(なぜ角度をつけるのか)
④ボールの落とし方
⑤サイドボレーのコツ
⑥ヘディングのコツ




株式会社manebi様のサービス「manebi」
サイトへ移動します。



メンタルトレーナー高畑好秀プロデュース